10ー旅行プラン(古代日本)(日本武尊)


日本武尊(ヤマトタケル)

 

古事記によれば、日本武尊はその勇猛さから、父景行天皇からも恐れられ、九州の熊襲征伐を命じられました。これに成功した後、出雲平定にも成功し次は東国征伐を命じられこれも次々に平定し、大和統一に大きく貢献しました。

皇子として生まれ皇位継承者であったにもかかわらず、父に疎まれ過酷な遠征を強いられ、旅先で妻を亡くし、再び故郷の地を踏むことなく病死しています。各地を次々と平定した英雄としての姿と同時に悲劇のヒーローとしての側面が人々をひきつけ神話・信仰のもととなってきました。そこで、日本古代史の英雄「日本武尊」の足跡を追う旅を考えてみました。

 

まずは、「熊襲踊り」を見学に、宮崎県都城市を訪れたいと思いました。

宮崎に来たのですから、天孫降臨(ホノノギ)の高千穂にもよりたいと思います。

次に、出雲に行きたいのですが、ここで日本武尊のイベントやなにかあるのかわかりませんが、オクニヌシの「縁結びの神」として、出雲大社に寄りたいと思います。

その次に、愛知県の熱田神宮。日本武尊が東方遠征に行った際、炎に包まれ危機に陥った際神剣で草を薙ぎ払って窮地を脱した「草薙芸剣」が収められている神宮です。

最後に、埼玉秩父「三峰神社」の日本武尊像を訪ね、パワースポットのパワーを頂戴し旅のゴールにしたいと考えました。

 

道中、日本古代についてたくさん、うんちくを語り、悠久のかなたへと誘われてまいりましょう。

 

 

 

 

Follow me!